スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木明子選手の2013全日本得点について

2013年全日本フィギュア。

鈴木明子は最後と決めた全日本で、初優勝を決めた。
その得点に関して「高いと思うか?」という質問をいただいた。
それに関して白猫が思うことをちょっと書いてみようと思う。

全日本の鈴木明子の得点は、

 総合215.18  SP70.19(TES35.43 PCS34.76)  FS144.99(TES72.11 PCS72.88)

この得点が、高すぎるのか、妥当なのか・・・
白猫には答えられない(^_^;)

というのも、
現地観戦し、感動した観客のひとりとしては、高得点への違和感はない。
しかし、数字だけを見つめた場合、「高すぎる」という意見があることも理解できる。
・・・つまり、どちらとも言えないってわけだ(^_^;)

「高すぎる」という意見を持つ人が生まれる理由は、
 ①それまでの彼女の得点と比較して
 ②ジャンプ構成(難度)を鑑みて
おそらくこの2点なのではないかと思う。
なのでこの2点を主観ではなく、プロトコルの数字で見てみようと思う。

①それまでの彼女の得点と比較して
鈴木明子2010-14得点変遷
これが、2010-11シーズンから2013-14シーズンまでの4季の得点変遷。
左から、
 シーズン / 試合名(長いものは略) / 総合順位 / 総合得点
 【SP】(順位 / 得点 / TES / BV / GOE / PCS / 転=転倒 / <=アンダーローテ / <<=ダウングレード / e=エッジエラー)
 【FS】SPと同じ
 【備考】
なお、赤字はGOEマイナス、赤セルはエラー、ピンクセルは自身最高得点

得点変遷を見ると、以下のことに気づく。

★総合得点200点以上は2013全日本のみ
★FS140点台は2013全日本のみ(それに次ぐ高得点は2012GPS日本(N杯)の126.62で、130点台はない
★SP最高得点は世選だが、GOEとPCSは全日本が上回る。
★FSTES70点超えは全日本のみ
★FSのBV60点超えは13国別と13全日本のみで同じ点数だが、GOEが倍以上違う(全日本+12.10)
★FSのPCS70点超えは全日本のみ。

こうやって書き出すと、全日本だけがいきなり高評価を得ているように感じられるけれど。
しかし、ここで重要なのは、演技がどうであったか、という点である。
今回は主観を省いて、単純な点取りゲームとしての数字だけを見ていこう。
最も得点に影響を与えるジャンプは、どう評価されたのか・・・。

次にあげるのは、同期間(バンクーバー後の4季)の鈴木明子のジャンプ実施一覧である
鈴木明子2010-14ジャンプ構成一覧
左から、
 シーズン / 試合名(長いものは略)
 【SP】 前半ジャンプ / 後半ジャンプ(適用は12-13から)
 【FS】 前半ジャンプ / 後半ジャンプ
 転=転倒 / 減=基礎点より減点されたジャンプ / <=アンダーローテ / <<=ダウングレード / e=エッジエラー)
青セルは基礎点が取れなかったジャンプ
青字は予定よりも回転数が少なくなったジャンプ

得点変遷だけでは見えないものが、この表には現れている。
注目すべきは、「青セル」だ。
これは何らかの理由(転倒、< や << 、GOEマイナス)で、基礎点を取りきれなかったジャンプだ。
こうやって見てみると、ほぼすべての試合で基礎点が取りきれないジャンプがあったことがわかる。

さて、そこで問題の全日本だ。

SPでは3T+3T<とアンダーローテをくらい、基礎点を取りきることはできなかった。
が、マイナスはわずか-0.14・・・あと2つのジャンプのGOE合計が+1.64だったこともあり全体として大きな減点にはならなかった。
それが、70点超えを可能にした理由の一つでもある。
そして、FS。
よく見てほしい。
青セルはひとつもない。
そして、回転数の少ない青文字も、回転不足やエッジエラーを示す赤文字もない。
そう、2013年全日本FSは、この4年間で、彼女が初めて達成したノーミスの演技だったのだ。
ついでに言えば、スピンは全Lv4、ステップはLv4+GOE満点(初。SPも満点)。

もちろん、ジャッジ評価そのものに関しての疑義があれば、また別の話になる。
そのあたりは、白猫には判断できない。
ただ・・・あの全日本は、印象だけでなく、ジャッジ評価上も神演技だったのだ。


続いて②のジャンプ構成(難度)について
鈴木明子の構成は、3F×2、3S×2で、コンビネーションも3連続と2連続を前半に跳びきる。
3Lz+3Tをボンボン跳ぶ選手が出てきている中では、高難度構成とは言えないかもしれない。
しかし、結局のところ、評価されるのは「何を予定していたか」ではなく「何を実施したか」である。


***♪***♪***

結論としては、「白猫には答えられません」になっちゃうわけで・・・(^_^;)
つまり、全日本の演技がそれまでの演技と比べて格段に素晴らしかったのは事実だと思う。
けれど、その「素晴らしさの差」と、実際の「得点の差」がイコールであるかどうかは、白猫には判断できないってことなんだよね・・・(^_^;)

でも、それは数字上、プロトコル上のお話。
あの日、鈴木明子は本当に輝いてた。
それでいいんじゃないのかなぁ・・・(^_^;)



スポンサーサイト
プロフィール

白猫

Author:白猫
「白猫夜話」管理人の白猫です(*^_^*)
ここは「白猫夜話」の資料置場です。
基本的に記事はなくてほとんどが表です(^^;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。